健康と密接な関係があると近年注目を集めている「腸内フローラ」。

大腸がんが増え、過敏性大腸症候群に悩む人も多くなっていますが、腸は人の臓器の中でも比較的病気の種類が多い臓器と言われています。

それだけでなく、最近の研究では、“腸内環境の乱れ” が病気の発信源になっている事も分かってきました。

現代人の腸は危機的な状況

理化学研究所バイオリソースセンター微生物材料開発室長・辯野義巳室長は数々のメディアを通じて「現代人の腸は危機的な状況にある」とおっしゃっています。

「大腸内で善玉菌が減り悪玉菌が増えて免疫力が低下してくると、アンモニア、アミンなどの腐敗物質や、細菌毒素、ニトロソ化合物などの発がん物質、二次胆汁酸などの有害物質が生成される。

これらは腸管を直接害するだけではなく、一部は吸収されて各種臓器に回って障害を与え、肉体の老化を早める

その結果、肝機能が低下する、免疫力が低下して風邪をひきやすくする、がんになりやすくする、アレルギー性疾患を起こしやすくなるなどの弊害を招く。

また、小腸はそれ自体が免疫を担当する細胞を多く持つ人体最大の免疫臓器で、小腸が弱ると風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなったりする。」

つまり、小腸の免疫力を上げ、大腸を善玉菌優位にして免疫力を上げてやれば、腸内環境が良くなり病気知らずの体になれるということです。

大腸には500~1000種類の細菌がいて、善玉菌は2割。悪玉菌は1割。残り7割は日和見菌で優位な方につきます。だから、いかにして善玉菌を多くして、悪玉菌を抑えるかが重要になってきます。

腸内フローラを整える食品「食物繊維」

腸内環境を善玉菌優位にしてくれる大切な食品としてまずあげらるのが「食物繊維」です。

当然、ヨーグルトや味噌、醤油、納豆、漬け物などの発酵食品も重要な役割を果たしてくれますが、何よりも私たちの食生活において、野菜や根菜類などを摂取する量が極端に減っていることが腸を危険な状態に招いている要因になっています。

食物繊維を摂取することで体内にも様々な効果が期待できます。

1.コレステロールの吸収を抑える

コレステロールは、細胞膜やホルモンを生成する必要な栄養素で、生きていく上で欠かせない「脂質」の一種です。ただ、現代の食生活では摂りすぎているため、血液中にコレステロールが余った状態になり、これが動脈硬化の原因になっています。

食物繊維はコレステロールが体内に入らないように対外に排出してくれる役割を果たしてくれますので、コレステロールの摂り過ぎを防いでくれます。

2.腸内善玉菌の増殖支援

腸内フローラは常に腸内での勢力バランスの取り合いをしています。善玉菌が好む食物繊維を多く摂取することで、善玉菌の増殖を助け、結果、悪玉菌にとっては住みにくい腸内環境になっていきます。

逆にタンパク質や脂質が多いと腸内がアルカリ性になり、悪玉菌にとっては繁殖しやすい環境になりますので要注意です。

3.水分保持

食物繊維は分解して消化されませんので、腸内で水分を吸収し便を軟らかくしお通じを助けます

食物繊維の多い食品とは

ここで腸内フローラを整える食物繊維の多い食品をご紹介します。

【穀類】
玄米、麦類、麦芽米、オートミール、トウモロコシ、日本そば

【芋類】
さつま芋、ジャガイモ、山芋、里芋

【豆類】
大豆、グリーンピース、小豆、納豆、おから

【海草類】
ひじき、わかめ、昆布、海苔、寒天

【キノコ類】
椎茸、エノキダケ、なめこ、しめじ

【野菜類】
ごぼう、レンコン、かぼちゃ、人参、大根、タケノコ、パセリ、インゲン、オクラ、
ほうれん草、アシタバ、ブロッコリー、モロヘイヤ、かんぴょう

【果実類】
バナナ、リンゴ、ミカン、イチゴ、すいか、キウイ、アンズ、いちじく

【種実類】
アーモンド、ごま、カシューナッツ、ピスタチオ、落花生

腸内フローラのバランスを意識して、毎日の食事の際にこれらの食物繊維を多く摂取できれば理想的ですが、現実の日常生活の中では中々難しという人も多いかと思います。

最近は多くの野菜や果物が溶け込んで発酵させている「野菜酵素」や「野菜のサプリメント」、「オリゴ糖」、「青汁」等も善玉優位の腸内環境に変えてくれますので、手軽に摂取できるところから始めてみることをお勧めします。

まずは私たちの健康の見方である腸内の善玉菌を喜ばせてあげましょう